お問い合わせ
株式会社ぺいじず
東京都千代田区九段南3-4-14
Web制作や翻訳、マニュアル制作に関することなら「ぺいじず」にお任せください。iPhoneやAndroidも対応いたします。
TEL 03-5214-5871
PICK UP SERVICE
New Ribbon
Flash変換サービス  (iPhone/iPad対応)
Flashはとても効果的なコンテンツです。しかし、iPhoneやiPadでは見えません。Flash変換サービスでは、iPhone、iPadでも見られるように変換します。続きを見る...
自分で更新できるホームページ WordPress
全世界でもっとも利用されているCMSのWordPress。再構築のスピードが早く、更新頻度の多いサイトに向いています。続きを見る...
自分で更新できるホームページ Movable Type
複数のサイト管理に定評があるCMSのMovable Type。HTMLファイルが生成されるためSEOに強く、多くの企業が採用しています。続きを見る...
APPLICATION & GUI

インターフェースデザイン

インターフェースのデザインで驚くほど変わる!!

インターフェースデザイン(GUI、UI)とは

インターフェースデザイン(GUI、UI)とは

インターフェースデザインとは、人がPC(パソコン、スマホ、タブレット等)を操作するときの画面設計のデザインです。
「OKボタン」や「キャンセルボタン」など、動作に関わるボタンのデザインから、ページの移動方法(ページがめくれて次のページに移動する)なども含まれます。
インターフェースデザインは、Human Computer Interaction とも呼ばれ、ソフトウェアのユーザビリティを向上させる大切な技術です。
インターフェースのデザインを最適化することで、使いやすさを向上させ、戸惑いのない操作性を実装することができます。
特にインターネットなどの要素に関しては、GUIやUIと言われることもあります。

*GUI = Graphical User Interface(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)
*UI = User Interface(ユーザー・インターフェース)

単なる画面設計ではなく、ユーザーの導線まで考えてデザイン

「ぺいじず」では、POS システム、Web ベースシステムからiPhone/iPad アプリまで、 システムの機能を100%発揮できる、利用者の視点に立ったインターフェースをデザインします。

画面設計デザインの○(マル)と×(バツ)

画面設計デザインの○(マル)と×(バツ)

美しくデザインすることがインターフェースデザインではありません。
インターフェースデザインで大切なことは、使う人が“デザインを意識しないで”使えることです。「どこにボタンがあるのだろう」となどと思うことなく、自然と使い方がわかってくるようなデザインが良いデザインです。
「ぺいじず」では、この自然に使っているようなインターフェースをデザインしています。

ユーザーの視線を意識してデザイン

ユーザーの視線を意識してデザイン

通常、人は左上から物を見始め、右下へ移動します。ホームページの左上にロゴがあり、文字が左から右に向かって書いてあるのもこの導線に沿わせてあるためです。
インターフェースのデザインをする際は、この目の動きを最大限に利用します。
最初に押すボタンを左上に配置して、その次に押すボタンを下に配置したりして、ユーザーが自然と使えるようなUIデザインとなるように心がけます。

画面遷移を想定してデザイン

画面遷移を想定してデザイン

頻繁に画面が切り替わるインターフェースデザインでは、さらに注意が必要です。
画面が切り替わる場合は、共通するボタンや、増えたり減ったりするボタンなどを最初から考えておき、標準スペースと延長スペースというように最初に場所取りをしてからデザインします。各画面ごとに設計していたのでは、画面に共通性を持たせることができず、使いにくい設計となってしまいます。

ターゲットに届くデザインをご提案

年齢や性別もデザインに対して大切な要素

年齢や性別に対してデザインを工夫する

ある人がとても使いやすいデザインでも、ターゲットが違ったら使いやすいとは限りません。
たとえば子供向きのインターフェースデザインでは、文字を大きくし、漢字を使わないようにします。全年齢向けのインターフェースデザインでは、誰が使っても違和感のないデザインにします。

色覚異常の方にも配慮したデザインを提案します!

色盲の方も問題なく使えます

インターフェースデザインは、色盲や色弱などの色覚異常の方でもわかるバリアフリーなデザインでなければなりません。日本人では20%以上の方が色覚異常といわれ、とてもありふれた存在です。
色覚異常の方は緑系や赤系の色の識別が難しくなります。
そのため、色覚異常の方への配慮を欠いたデザインでは、色の判断がわかりにくくなってしまいます。
「ぺいじず」では、そのような方も戸惑うことなく使えるように必要に応じて色チェックを行いデザインします。

依頼するなら実績多数の「ぺいじず」まで

「ぺいじず」では、一般小売店のPOSシステムからタブレット端末のUI、ソフトウェアのUIまで、あらゆるインターフェースをデザインしています。 インターフェースデザインでは、ユーザーの導線などナビゲーション部分から関わることも多く、お客様より「とても使いやすいデザインになった」との声をいただいています。
インターフェースデザインで迷ったら、ぜひともご連絡ください。

インターフェースデザインに関するお問い合わせ
ホームページ制作に関するお問い合わせ
TEL03-5214-5871
株式会社ぺいじず 東京都千代田区九段南3-4-14
デザインや翻訳、マニュアル制作、iPad、iPhoneに関することならぺいじずにお任せください。